記事一覧

【装備】「真・裁考天の鳴弦」の性能及び理想装備に入る本数

【真・裁考天の鳴弦の性能】
2017-03-14-(3).jpg

武器種が楽器ということもあって攻撃力はマックスのレベル150にしても低めです。


奥義:土属性ダメージ(特大)/味方全体のHP回復/活性効果
2017-03-14-(5).jpg

味方全体のHP回復の効果量は回復上限700
2017-03-14-(17).jpg

活性効果は1ターンの回復量200で効果時間は奥義発動ターンを含めて4ターン
2017-03-14-(18).jpg
2017-03-14-(19).jpg

九界琴より活性効果を含めても回復性能は落ちますが(九界琴は回復上限2000)、その分HPMAXの時は活性で奥義加速できるという感じです。

スキル:裁考の覇道(土属性キャラの攻撃力上昇特大)
Lv120習得スキル:裁考天の教理(ハイボルテージ状態の時、連続攻撃確率UP ♦メイン装備時/主人公のみ

2017-03-14-(5)スキル

EX攻刃枠でLv15だと23%UPとなります。
裁考天の教理はパスタの1アビ「オーバーチュア」(CT7)で付与されるバフハイボルテージ時に主人公のみの連続攻撃確率UPということで、少し試してみた結果は主人公のみだからか効果量は高めに感じました。
パスタを使う時は奥義発動に合わせてオーバーチュア使ってましたが、奥義に被らないように使った方が良いのかもしれません。
主人公だけ加速しますので主人公は奥義ゲージ貯まったら即奥義で活性をばら撒き、全体的に加速していくような使い方になると思います。



【真・裁考天の鳴弦の必要本数(マグナ装備)】
・既存のマグナ理想装備
2017-03-14-(7).jpg

総合攻撃力:有利68万6329

・ウォフ琴2本
2017-03-14-(10).jpg

総合攻撃力:有利71万6911

とりあえずマルメテル・ハンマー4凸2本を入れ替えてみます。
攻撃力が低めとはいえEX攻刃大slv15(18%)とEX攻刃特大slv15(23%)の差はかなり大きいですね。

・ウォフ琴3本
2017-03-14-(11).jpg

総合攻撃力:有利73万0189

3本入れた方が戦力が上がるのですが、まだSSR化は難しいとはいえセラフィックウェポンのスキル祝福は最終ダメージを10%UPという強力なスキルでSSR化すると神威スキルも付くという強武器でおそらくどの属性にも編成に入ってくる!
ということでセラフィックウェポンありの編成も試してみました。

・ウォフ琴2本(セラフィックウェポンあり)
2017-03-14-(14).jpg

総合攻撃力:有利67万3284
祝福補正込み:有利74万0612

2本と3本両方試したのですが、2本が一番攻撃力が高くなりました。
セラフィックウェポンを入れることを考えるとマグナ装備ではウォフ琴は4凸2本までで良さそうです。



【真・裁考天の鳴弦の必要本数(ティターン装備)】
・ウォフ琴2本
2017-03-14-(15).jpg

総合攻撃力:有利60万2304

とりあえず課金武器なしで試してみました。
マグナ装備と条件を合わせるためにサポ石をメドゥーサ3凸で計算しています。
色々試してみたのですがウォフ琴は2本入ってきそうです。
総合攻撃力はマグナ装備より下がりますが、バアル銃でDA率UPとクリティカル確率UPが付いています。
背水にする場合はバアル銃とウォフ銃を外してバアル槍4本入れる感じですね。
また、ティターン装備の方がテスカトリポカの編成が容易です。

コメントでティターン×ティターンだと1本で充分とのご指摘を戴きましたのでティターン×ティターンも載せておきます。
2017-03-15-(5).jpg

ただし、通常技巧の場合、1本ごとにクリティカル発生を判定するのに注意です。
例えば上の装備だとバアル銃4本で最大クリティカル発生のダメージUP量は200%となり、ダメージ上限ロスが出て来る可能性があります。
(技巧中の発生率はslv10で5.7%(クリティカルダメージは50%UP)ですがM技巧と違って発生率は加算方式ではなく個別発生判定なので合計で100%を超えても問題ない代わりに過剰クリティカルの問題があります。)

あと、私が何故記事に元カレ計算機などのダメージシュミレーター系の計算機を使わないのかですが、勿論あの計算機を作った方は凄いと思いますし、参考にはなりますが、実際にはキャラや奥義タイミングでも大分ダメージ量が変わったりするので実際のプレイとある程度ズレてしまうというのがあります。
例としては、ある程度火力が上がるとわざとフルチェインにせず、奥義を一人ずらすことによって奥義加速を狙うとかですね。
シミュレーター計算機も期待値から計算するという面ではかなりの精度を誇ると思いますが、技巧や連撃系スキルは奥義の頻度によっても期待値が大きく変わってきますし、キャラの影響も受けやすいので記事にする場合には使う予定はないです。
(本当に正確な物を作るならグラブルのゲームシステムをコピーして高度なAIを積まないと難しいと思います。ダメージシュミレーター計算機を作った方は期待値に集約して計算を行っていますので効率良いシミュレートはできていると思いますが、実際のプレイパターンとの齟齬を埋めるのはかなり難しいと思います。)



【結論】
マグナ装備編成なら
裁考天の鳴弦は2本

ティターン装備編成は
裁考天の鳴弦は2本

(ただし、ティターン×ティターンを極めるという方は1本で良し)

ウォフ琴3凸2本作るにはトレジャー交換で5本交換できますから3本のドロップが必要となります。
今回からHELL発生率も改善されましたし、頑張りたいところですが落ちないときは本当に落ちませんからね(T_T)
とりあえず5本交換して2本目目指すか決めるというのが妥当だと思います。



グランブルーファンタジー ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

ティターン編成酷すぎです。基本的に、フレ石もティターンにするのが一般的です。そうすると、マグナ武器もunkも一本しか入りません。あと、二手やクリティカルを考慮しない計算機は時代遅れなので、あまり意味がないと思います。

Re: タイトルなし

> ティターン編成酷すぎです。基本的に、フレ石もティターンにするのが一般的です。そうすると、マグナ武器もunkも一本しか入りません。あと、二手やクリティカルを考慮しない計算機は時代遅れなので、あまり意味がないと思います。

ご指摘ありがとうございます。
ティターン×ティターンに関しては私も一応計算しましたが、ユグ剣とウォフ琴を1本づつ減らしてバアル銃とウォフ銃を1本づつ増やす編成ですかね?
フレ石ティターン3凸に関してはフレ石を選びにくく、実用的な運用が難しそうなのと実質的にはティターン×テスカトリポカとあまり変わらないように思えたので今回は載せませんでした。

フレ石をメドゥーサで設定したのは記事内にも書いていますがフレ石属性石ならマグナと比較しやすいようにです。

一応技巧や二手を計算にいれた計算機も知っていますが、連撃系の計算は非常に複雑でキャラの基礎DA・TA率、四天奥義効果、アビ効果、サポアビ効果も含めるとどのキャラを使うかやメイン装備によってもかなり変わってきてしまうのであえてザックリと勘案しています。(今後はLBも)
技巧についても厄介で、通常系の技巧はM系と違って個別に技巧発生するので重複して発生した場合は3本なら150%アップとかもありダメージ上限に届きやすく、古戦場でスタックバフが掛かる状態だとさらにダメージ上限でのロス確率が上がるので、こちらもある程度しか考慮してないです。(元カレ計算機とかでも技巧については通常とMは期待値として同じとして計算しており、ダメージ上限については考慮にいれていないと思います)

厳密に理想装備を算出するのであれば、結局はその人が持っているキャラやどのジョブでやるかも勘案しなければならないので、私はできるだけ分かりやすく多くの方が目指しやすい装備を載せているつもりですが、間違っているようであればご指摘戴ければと思います。

No title

見やすくわかりやすい今の計算機使用に賛同

Re: No title

> 見やすくわかりやすい今の計算機使用に賛同

コメントありがとうございます^^
どちらが良い悪いかというのはないと思いますが、ダメージシュミレーター系計算機の場合はキャラ、ジョブ、メイン武器などの前提条件で大分変わってしまうのと、奥義、アビ使用のタイミングなどプレイスタイルまで反映させるのは難しく記事に使うには向いていないと判断しているので、記事に使うのは今の計算機を続けて使う予定です。

反映ありかとうございます。
使ったことがないかと思いますが、元カレ計算機は奥義タイミング及び減衰上限も計算した上での最適解をだしてくれます。リミボも反映可能です。
戦闘シミュレータもあるので、バフの発動タイミングを制御して実際の戦闘を再現することも可能です。一度使ってみてください。
とはいえ、簡易的にまとめるだけなら、今の計算機がみやすくていいのかもしれませんね。

Re: タイトルなし

> 反映ありかとうございます。
> 使ったことがないかと思いますが、元カレ計算機は奥義タイミング及び減衰上限も計算した上での最適解をだしてくれます。リミボも反映可能です。
> 戦闘シミュレータもあるので、バフの発動タイミングを制御して実際の戦闘を再現することも可能です。一度使ってみてください。
> とはいえ、簡易的にまとめるだけなら、今の計算機がみやすくていいのかもしれませんね。

コメントありがとうございます^^
一応使ってはいますよー、といってもダメージや背水の推移を見るために使っていて、限定的にしか使ってませんが。
使い方のところ見れば分かりますが、奥義のズレによる奥義ゲージアップとかはまだシミュレートにいれてないと思います。チェインバーストダメージにもまだ対応はされてないようですね。(奥義も含めたサークルダメージは連撃率から奥義ゲージ100%に至る平均ターンを算出してシュミレートしてるっぽいです。)

シミュレーター設定で何ターン目に奥義打つかも設定できるので近いシュミレートは可能だと思いますが、そこまで細かい設定になると各人が設定してシミュレートしてもらった方がいいと思います。
また、技巧については通常技巧とM技巧はやはり同じように計算しているよう(ダメージ期待値としては同じ)なので、通常技巧だと低い確率ですがシミュレーター上では発生しない減衰到達が発生すると思います。(グングニルについて作成者自身が検証しているデータ見るとグングニル8本でも減衰補正値はそのままなので通常技巧の重複クリティカルは考慮されてないと思います)

凄い計算機であることは間違いないですし、細かい設定も可能なので装備が極まって召喚石武器などを使い始めた方には非常に良いと思います^^



コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキングに参加中

よろしければポチッとお願いします。


ブログランキング


グランブルーファンタジー ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ
にほんブログ村

アンテナサイト

グラブルまとめアンテナ

サイト内人気記事

プロフィール

tkグラン

Author:tkグラン
グラブルプレイヤー名:toki
グラブルの最新情報、攻略情報等をプレイ日記を交えてお伝えしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。
更新通知用にブログ専用のツイッターアカウント@tkgran0322を作りました。

アクセスカウンター

グラブル公式アカウント

スポンサーリンク


全巻購入特典シリアルコード:「ヒヒイロカネ+金剛晶+ダマスカス鋼」セット