記事一覧

【ガチャ】サプチケ開催!  

2017-05-05-(1).jpg

2017/5/5(金)19:00より「サプライズ!!スペシャルガチャセットキャンペーン」が開催されます。

【購入可能期間】
2017年5月5日(金)19:00 ~ 5月12日(金)18:59

サプチケは購入してからの受け取り期間が1週間、受け取ってからの使用期限が1週間で購入から最大2週間使用を引き伸ばせます。
ガチャだけ考えれば被りを避けるために1日1回無料レジェガチャが終了(最速で5/14(日)05:00)してから使用した方が良いのですが、今月の古戦場で使いたいキャラを取りたい場合はLB取得を考慮すると早めに取った方が良いので迷うところですね。

【闇SSRキャラのお勧め】
今月の古戦場は闇有利で、まだ闇キャラが充分に揃っていないという方は闇SSRキャラを選ぶ方も多いと思います。
私の個人的な考えですが、闇属性でお勧めキャラを紹介します。

・ヴィーラ
最近の古戦場HELLではマウントが必要になる場面が多いので、闇SSRで唯一のマウント持ちであるヴィーラは必要になる可能性が非常に高いです。
また、アニブルBD/DVD1巻を購入して闇カタリナを持っている方ならシナジーもあるのでセットで運用もありだと思います。

・レディ・グレイ
ソロでやるなら片面防DOWN25%(++で30%&スロウ)持ちのグレイはかなり有効です。
HELLをチームで消化するともかくEX+やHELL90をソロでやるなら役立つこと間違いなしです。

・ジャンヌダルク
ジャンヌダルクの闇バージョンですが1アビの片面防DOWN30%はデメリット付きのせいか命中率が非常に高く、火力も高いです。
奥義効果の闇属性攻撃UP/光属性耐性UPも非常に強力ですが、3アビを使用する場合はサブメンバーも考慮して使用しましょう。

・ナルメア
火力としては闇属性キャラで飛び抜けています。
1アビで常に高倍率の追撃を自身に付与できる上に、反骨を上手く使えば一撃でとんでもないダメージを与えることができます。
ただし、連撃率が高くないと性能を活かし切れない部分もあるので中級者以上にお勧めのキャラです。
一応2アビで防DOWNを掛けることもできますが効果量は相手のチャージターンに依存するので防DOWN役としては使いにくいかもしれません。

ソロ前提とするならマウント役としてヴィーラ、片面防DOWN役としてグレイか闇ジャンヌ、そして3人目は水着ゾーイの背水かナルメアなどの火力枠を入れるという感じになると思います。
グレイと闇ジャンヌは火力は闇ジャンヌの方が高いと思いますが、グレイの方がスロウ持ちであることから継戦能力は高いです。



私はサプチケは土レ・フィーエを速攻で取る予定です・・・これ以上単調なヘイロー周回に耐えられないのでカジノメダルという潤いが必要なのです・・・。

闇はヴィーラ、グレイ、オルキスのLB育ててますが、この中で確実に使いそうなのはヴィーラだけだと思います。



グランブルーファンタジー ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

私も悩んだ挙句にマウント用としてヴィーラ取りました
でも最近の古戦場はマウント貫通して状態異常つけてきたりするのでもしかしたらいらなかったかなあとか思ったりして
後悔しなければいいんですけども…

Re: タイトルなし

> 私も悩んだ挙句にマウント用としてヴィーラ取りました
> でも最近の古戦場はマウント貫通して状態異常つけてきたりするのでもしかしたらいらなかったかなあとか思ったりして
> 後悔しなければいいんですけども…


ヴィーラは純粋な火力としてはナルメアや闇ジャンヌに劣りますが火力自体はLBも含めて高めですし、私が現在編成に登録している闇パにも全てヴィーラは入れています。
マウント貫通あるとしてもやはりマウントは重要だと思いますし、他のHLでもヴィーラは使うことが多いので取って損はないと思いますよ^^

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキングに参加中

よろしければポチッとお願いします。


ブログランキング


グランブルーファンタジー ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ
にほんブログ村

アンテナサイト

グラブルまとめアンテナ

サイト内人気記事

プロフィール

tkグラン

Author:tkグラン
グラブルプレイヤー名:toki
グラブルの最新情報、攻略情報等をプレイ日記を交えてお伝えしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。
更新通知用にブログ専用のツイッターアカウント@tkgran0322を作りました。

アクセスカウンター

グラブル公式アカウント

スポンサーリンク


全巻購入特典シリアルコード:「ヒヒイロカネ+金剛晶+ダマスカス鋼」セット
このページのトップへ